お気に入りカラコン

小さすぎるカラコンで困ることはありますか

投稿日:2014年10月3日 更新日:

小さいカラコン、自然なカラコンにはいろんなメリットがありますが、時々困ることがあります。
全部で言えるわけではありませんが、黒目が大きめだったりすると、そういう小さいレンズだと自分の黒目がレンズよりはみだしてしまうことがあるということです。

これについては、どのカラコンなら絶対といことではありません。

レンズ直径ではなく着色直径が問題になってきます。
恐らくDIAで小さいのとなると多いのが14.0mmで、もう少し小さい13.8mmというのもあります。
しかし、その全体の直径で見るのではなく、着色直径で見る必要があります。

カラコンのレンズから黒目がはみ出してるとかなり怖いです。
カラコンというのがばれるとかそういうことではなく、もっと怖いです。不気味です。

ではそれを避けるためにはどうすればいいかというと、常に着色直径を意識する必要があるということです。
あるカラコンはDIAが14.5mmもあるのに着色直径が12.9mmというのもあります。
フチの透明部分がかなり広めということですね。
ですので、普段から、着色直径のほうを見るようにするべきですね。
そして、自分にとって、はみださないくらいでちょうどいいサイズを把握しておくことです。
それが分かっていれば、それより小さいのは買わないようにすればいいのです。

カラコンで小さめってどのサイズのことを言う?

カラコンはもちろんデカ目になりたいとか、ハーフっぽくなりたいとか願望はみんな違うでしょうね。
でもある程度の年齢になってくると、それは個人差があるでしょうけど、あまり大きいのはちょっとってなってくるかもしれません。
そうなると、度なしを着けてた人は裸眼に、度ありなら、クリアコンタクトにってなることもあるでしょう。
もしくは、小さめのナチュラルカラコンにって人もいると思います。
では、小さいのってどのくらいの直径のことを言うのでしょうか。
私の中では、DIA14.2mmまでかな。具体的には、14.0mmとか14.2mmくらいかなと思います。
あくまで私はですので、みんな違うこと言うでしょうけどまあそれはいいでしょう。

小さめでもデザインによって大きく見えたり小さく見えたりすると思います。
特にフチですね。
フチが太くて濃いものだったら大きめに見えたり、ぼやけてるフチだったら小さく見えたりもあるでしょう。

見た目のこともありますが、瞳にとっても負担のことも考えるようになるかもしれません。学生の時と比べると、社会に出て、例えばパソコンを使う機会が増えたりすると、一気に目の疲れ方が増してきます。
その上カラコンを付けてると乾燥が酷くなったりしかねません。

オフィスにずっといる環境だったりすると、エアコンで空気が乾いてたりして余計に目が乾きやすくなることもあるでしょう。

これから先のことは私には分かりませんが、カラコンが原因で目の疾患が起こったりしたというニュースを見ていると、ますます大きさを求めるのではなく、小さいけどちょっと目元がいつもと違うなって思うようなタイプが人気になるのではと思うのです。

例えば14.0mmのアイラボワンデーなんかは、私のお気に入りの一つです。

-お気に入りカラコン

Copyright© 自然なカラコン!小さいからナチュラル! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.